ヴィーガンを楽しむ生活

 
毎日が快活です。間違いなくボクは幸せと思います。
 

快活中の身体

肉を食べることをやめてから体調が良くなりました。肉を食べていた頃に体調が悪かった訳ではありませんが、豆類、果物や野菜だけを摂取するようになって身体の細胞が生まれ変わっていくようで、体内が軽くなった気分です。これについては《ヴィーガンライフの食生活になって》をお読み下さい。

ヴィーガン、ボクの応え方

肉食雑食からヴィーガンになる人はヴィーガンって何?肉食べないって宗教?みたいに思われがちです。そもそもヴィーガンというのは日本ではマイナー単語ですから仕方ありません。
そんな時のいつものボクの答え方は「日本人古来の食生活に戻っただけです」大抵はこの文句で終了です。特に日本大好きな方々には効き目があります。彼等は日本の歴史を熱い気持ちでサポートし尊重している割には食が欧米化し過ぎてます。その真逆なのですから不思議でならないでしょう。

肉を食べる相手の気持ち

ヴィーガンライフは楽しいし楽しむべきと思います。最初は人との違いを痛感します。痛感と言うショックや痛い感じのそう言う気分ではなく、何となく人より一歩前進した様な「錯覚」を味わえます。
「これからは絶対菜食主義の時代だぜ!まだ肉食ってんのか?」なんて言ってはいけません。では何が一歩前進なのかと言うと、菜食主義も肉食雑食の方々も世の中の仕組みには必要であり肉食雑食の考えも良しとする上から目線ではなくて、公平に見れる目を養えます。自分が正義で世の中の大多数の肉食雑食系の人が悪と考えずに両方の気持ちを察することが重要です。

ヴィーガンという一歩を踏み出す

尊い動物の命があり、人間1000人の食事をまかなうため小魚千匹とクジラ一頭を 1匹1頭を同じ命と考えると沢山の小魚を殺すよりクジラ1頭の命を奪う方が罪穢れの面でよろしいという仏教的思考もありますが、これについてはクジラは知能が高いからと殺してはダメという、ボクが非論理的と考えている意見もあります。「単細胞は殺していいけど頭良い人は殺さないよ」という意味に取れます。命は命です。しかし人間が肉食雑食で文明を築いた中で自分にはヴィーガンが合っていると壮大な人類の歴史の中、ボクなりの小さな一歩を踏み出したのです。これが前進の意味です。

厳選する食事が出来る楽しみ

ヴィーガンになるとなぜ楽しいのか?何故でしょう?窮屈になる食生活が楽しいなどあり得る訳が無いと断言出来ます。しかし、ボクは全然窮屈ではない。むしろ与えられた宣伝文句に惑わされずにすみます。血の滴るような和牛ステーキがランチタイム〇〇円など誘導されなくなります。食事は与えられるのでは無く自分で探すということをします。まるで狩猟をするかの如く、ですね。
厳選した食材で身体に合ったモノを摂取して美味しく健康になることが楽しくない訳がありません。なので無理してはいけません。少しずつ楽しみながらヴィーガンライフを楽しみ、違う人達の考え方も受け入れる。意見は意見として尊重し偏見なく見ることが大切です。