スポーツジムに行かなくなったボク


ベジタリアンになる前から、スポーツクラブには行かなくなりました。以前は身体をいじめるがごとく、毎日7、8Kのランニングをしていました。週に4回ジムに通い全身を満遍なくトレーニングし終了後はプロテインと夕ご飯は鶏のささみ、牛肉や豚肉料理を食べた後は食事を節制しカロリーを計算する生活でした。健康とはこうやって手に入れるものだと思い込んでいました。

最良の健康法

今は一切のトレーニングを辞めました。運動といえば通勤と仕事だけです。「歩くため」や「トレーニングするため」を理由に運動をしていません。ヴィーガンライフだけで体重は適正に維持されトレーニングをしていたころのような疲れはありません。大量に食事を摂取したからと言って次の日の食事制限をすることもなく、自分にとって最良の健康法を行っています。
スポーツトレーニングをせず食事だけ菜食にすれば良いという問題でもありません。日頃スポーツをしないボクに限っては、社会生活の中で「歩く」ことがあります。短い通勤時間ですが、職場に行って出かけたりします。そう身体に負担のかからない短い距離だと思いますが、まったく動かない訳ではありません。日常生活の中で知らず知らず運動をしているだけです。

運動不足

では「運動不足なのか?」というとそうではありません。それをいうなら「スポーツトレーニング不足」です。
それでも十分に健康です。忙しいスケジュールの中、わざわざスポーツジムに時間を割く必要もなくなりました。

リフレッシュ

スポーツをして気持ちがリフレッシュするならやるべきです。ボクの場合のリフレッシュは自然と触れ合うことです。海が遠いので海に行く機会はほとんどありませんが、山や自然の中の守られた空間の公園は車でドライブすればすぐ目的地です。小川のせせらぎを聞きながらひんやりと川に両足を入れ、ごつごつした川底の感触を足の裏で楽しみ、公園の展望台から新鮮な空気を取り込みゆっくりと深呼吸する。これがボクにとってのリフレッシュです。自然に触れることが人間にとって非日常となった今、こうすることによって浄化され台地からエネルギーを分けてもらえるようです。
 

決してアウトドア派の人間ではありませんが、スポーツやトレーニングの代わりにネイチャーを感じ呼吸する。
動物からの命を摂取することなくお野菜や果物、豆類を食べて生活する。これで身体は満足しています。

 
ここまでお読み頂きありがとうございました。
元々スポーツマンでした。子供の頃から少年ラグビーチームでラグビーを習い、学生時代はずっとラグビーを続けていました。
今は日常生活の運動だけです。健康であることに感謝します。