ヴィーガンの楽しさをどうやって伝えるべきか


元々、肉大好きでした。特に貝類や刺身もお寿司大好物でした。麺類もかなりの量を食べました。二郎系を開拓したり家系ラーメンは吉村家、六角家、横浜家、鎌倉家、色んな家系を食べつくしました。いきなりステーキのゴールドカード会員でした。
そんなボクが突如としてベジタリアンになり今やヴィーガン一筋です。ギャップ在りすぎですが、その分効き目がよくわかりました。

身体は嘘つかない

ボクの食生活が急激に変化したことを身体は正直に受け止めてくれました。
肉魚、麺類を好き放題に食べていた頃、ボクは身体のことは気にしながらも騙し騙しで本当の意味で身体を労わっていませんでした。生まれる前から心臓は一度も休むことなく鼓動を続けています。手足は自由に動かせ子供の頃は走ったり泳いだり、ボクの成長のために一生懸命のい動いてくれました。お世話になっている身体に対して十分にバランスの取れた栄養を捧げていなかった事は深く反省するところです。
ボクがヴィーガン生活を続けている原動力は身体への労りの部分があります。豆野菜果物を摂ると身体が喜んでいるような気がします。体内部から腸内を掃除してもらえてるようです。石鹸を飲んで体内を綺麗にすることは出来ません。自然から頂いためぐみを使い綺麗にしていくのが最も良い方法です。

楽しさの要素が加わると最強

自分の身体が吸収して行くものですから、キチンとしたものを食べたいものです。元気の良い野菜を食べれば多くの水分やエネルギーが蓄えられます。自然の甘みを体内に入れると加工された甘い白砂糖とは質が違います。少しずつですが、食べ物に敏感になっていきます。一般社会生活をしながらの限界はあり腹を空かせてしまう場合もありますが、そもそも世の中、ヴィーガン には食べられないものだらけなのである意味諦めです。それでもヴィーガン やベジタリアンはとてもボクのライフスタイルに合っています。良質な水分、塩分を季節によってバランスよく摂取して身体に感謝していきます。

ボクは、ただたの変わり者?

 
ここまで読んで下さりありがとうございます。
健康に気を使うあまりドラックやサプリメントにばかり頼ってませんか?ヴィーガン ベジタリアンも色々なスタイルがあります。週一だけは肉魚抜きでも続けていれば新しい発見があるはずです。